標準約款

標準約款

規約

MENLO SYSTEMS GMBH

(以下“Menlo Systems”)

1. 適用範囲

1.1. 本規約は、Menlo Systemsからお客様への商品の発送、ソフトウェア (製品とソフトウェアを合わせて以下”商品”とする)の個々の契約全て、ならびにサービスの提供およびにその他のサービスに適用されます。

1.2. お客様から提案される相反する条件については拒否され、Menlo Systemsが書面で承認しない限り拘束力はありません。これらの条件は、書面による明確な同意がある場合を除き、排他的に適用されます。これらの条件は、お客様とのビジネス関係におけるMenlo Systemsのその他の将来のやり取りの際にも適用されます。

1.3. これらの条件は、Menlo Systemsが無条件に機能し、お客様に提案された異なる標準約款に関する知識がある場合にも適用されます。

1.4. これらの条件は経営者との契約にのみ使用されます。

 

2 注文書

2.1 Menlo Systemsによる提案と価格表は、当社の確認の対象となります。お客様のご注文は、当社に到着してから2週間お客様を拘束します。

2.2 契約は書面で行われる必要があります。この規定をキャンセルまたは変更する場合においても同様です。

2.3 Menlo Systemsが書面またはファックスで確認しない限り、注文 (口頭、電話、電子メール、またはファックス)はMenlo Systemsを拘束しません。

2.4 契約締結後によるお客様からの法的宣言 (例: 期限の設定、欠陥の通知、契約の撤回、購入価格の引き下げ)には書面による提出が必要です。

 

3. 履行と配送

3.1. 指示がない場合、3.3.の配送は、ミュンヘンのMenlo Systemsの製造施設で“ex works” (EXW) (2010年にINCOTERMSで定義)で行われるものとします。従って、損失のリスクはお客様に課されます。逸脱する契約が無い場合、当社の従業員が配達を行う場合も同様です。

3.2. 納期と性能はMenlo Systemsの注文確認書にのみ記載されています。期限は契約の締結から実行され、期限内に出荷することで確認できます。つまり、配達方法に応じて (a) お客様による商品のお引き取りが可能であること、(b) 商品の出荷準備が出来たこと、または(c) 輸送の開始をお客様に通知いたします。

3.3. 書面による同意を条件として、Menlo Systemsは配送および/または履行の方法をお示しいたします。

3.4. Menlo Systemsは、お客様に適宜通知した後、制限時間内に部分的な配達、または部分的な履行を受ける権利を有します。お客様は、発送前に不合理な部分的配達または部分的履行に (書面またはファックスで)意義を申し立てることができます。

3.5. Menlo Systemsが納入または履行を怠った場合、法定の規定が適用されますが、いずれにしても、まずお客様による確認をしていただくことが必要になります。

(a) Menlo Systemsが債務不履行の場合、お客様は週当たり正味購入価格 (配達価格)の0.5 %の固定損害を請求できますが、最大で合計配達価格の5.0%です。ただし、Menlo Systemsはお客様が損害を受けていないか、お客様が損害を受けていないか、大幅に少ない損害を被ったことを証明する場合があります。

(b) Menlo Systemsはお客様自身が債務不履行で性能を維持している限り、債務不履行ではないものとみなします。

3.6. (a) お客様が商品の配達を受け入れなかった場合、(b) Menlo Systemsからの連絡に対して必要な措置を講じていただけなかった場合、(c) 契約または法的義務のいずれかに違反された場合。また、商品が当社の敷地内に保管されている場合でも、商品の保管に対して適切な補償を請求する場合があります (ドイツ商法354条)ーただし、債務不履行に起因する他の請求または権利を損なうことなく、上記で定義された債務不履行または違反の毎月の保管商品の請求書金額の少なくとも1.0%とします。

3.7. 契約に基づくMenlo Sysmtesの納期は、当社が同等の供給契約を締結している場合、Menlo Systemsが時間内に供給を受けることを条件とします。

3.8. 供給の欠如または遅延、ストライキ及び労働紛争、戦争、テロ、貿易制限、エネルギーまたは資源の不足、公共機関による措置、および不可抗力の事件を含むMenlo Systemsの合理的な制御を超えたその他の事件の直接的または間接的な結果、配送や納期を遅らせる権利を有します。Menlo Systemsが商品の販売またはソフトウェアのライセンスまたはサービスの提供に必要な公式の認証を受けていない場合も同様です。両当事者は、契約および予想される遅延の下で履行不能を直ちに相手方に通知します。

 

4. 支払い、決済、相殺、保有権

4.1. Menlo Systemsが提示する価格は、EXW (2010年にINCOTERMSで定義されています)で計算されたものです。梱包及び輸送コスト、適用される関税とVATを除外します。

4.2. 原則として、請求書の金額は請求書の日付と配達から30日以内に支払われるものとします。

4.3. 支払は請求書に記載されているMenlo Systemsの銀行口座へ電子送金により行われます。書面で合意がなされない限りは小切手または手形は支払義務の履行とはみなされません。

4.4. 債務不履行の場合、Menlo Systemsによって証明された損害賠償請求の対象となることなく、EURIBOR 3-Mを超えて毎年8%の債務不履行利子を受け取る権利を有します

4.5. 期日までにMenlo Systemsが支払または頭金を受け取れない場合、または契約の締結後にお客様がMenlo Systemsに対する義務を履行できなくなった場合、または履行でき鳴るなる兆候がある場合 (例えば破産手続きの開始)、その後利用可能な他の権利または救済策を損なうことなく、Menlo Systemsはその裁量で適用法の下で、

(a) お客様へのさらなる配送または履行を一時停止し、

(b) 配達時の未払い請求額の支払いまたはお客様が十分なセキュリティを確保するための適切な期間を提示いたします。

期日の終了とともにMenlo Systemsは契約を撤回し、損害賠償または必要な費用を請求することができます。期限の設定が冗長になる可能性のある法廷規定が適用されます。

4.6. お客様が明らかにその義務を果たすことができなくなった場合、例えばMenlo Systemsは財務状況の悪化により付与された支払条件をキャンセルし、未処理の請求額の法的措置を主張する場合があります。

4.7. お客様は、Menlo Systemsが反訴を認めた場合、Menlo Systemsが異議を唱えない場合、または最終的な拘束力のある判断により確認された場合にのみ、履行を相殺または保持できます。欠陥がある場合、6.12が適用されます。

 

5. 所有権留保

5.1. 商品の発送および危険負担の移転またはその他の条項に関わらず、商品の所有権 (保持商品)は、Menlo Systemsが商品価格全額の支払いを受け取るまでお客様に譲渡されないものとし、その他の全ての商品およびサービスは、Menlo Systemsがお客様にご提供することに同意するこで、その支払いの対象となります。

5.2. 商品の所有権がお客様に譲渡されるまで、お客様は商品を適切に保管、保護し、盗難や破損、破壊に対する保険をご負担いただき、保持される商品に事業責任保険を延長するものとします。お客様はこのような保険契約に基づく請求権をMenlo Systemsに譲渡し、その譲渡を受け入れていただくものとします。Menlo Systemsの要求に応じて、補償が十分であることを証明していただくこととします。

5.3. 保持商品は、担保として差し入れたり使用したりしないでください。保持商品の所有権がお客様に譲渡されるまで、債務不履行状態を除き、通常の事業の過程で商品を再販まはた使用する権利がありますが、販売収益についてはMenlo Systemsに計上するものとします。あるいは、商品の販売またはその他の収益 (保険収益を含む)をMenlo Systemsに計上し、収益全てをお客様および第三者の金銭または財産とは別に保管するものとします。

5.4. 関税を含む請求額を超えて、保持商品の転売からの全ての債権をMenlo Systemsに譲渡します。Menlo Systemsは譲渡を受け入れます。

5.5. 上記5.4に基づく債権の譲渡に関わらず、お客様は引き続き許可を受けているため、Menlo Systemsは譲渡された債権の収集を控えます。Menlo Systemsは、お客様が債務不履行になった場合、お客様の資産に対する破産手続きの開始が行われた場合、またはお客様がMenlo Systemsに対する義務を履行出来なくなる兆候がある場合、独立して請求を回収する権利を留保します。この場合、お客様はMenlo Systemsの要求に応じて割り当てられた請求とそれぞれの債務者をMenlo Systemsに提示し、収集に必要な全ての情報と文書を送信し、債務者への請求の転送を直ちにお支援しください。

5.6. 保持商品が破損した場合、または第三者が保持商品を破損、誓約、またはその他の方法で処分する措置を講じた場合、お客様は直ちにMenlo Systemsにファックスかメールで通知し、特にMenlo Systemsが裁判所の差し止め命令の請求を可能にするために、Menlo Systemsが保持商品の法的所有者であることを第三者に通知するものとします。第三者に損害が発生した場合、および第三者が保有商品に干渉する場合、お客様は保持商品の交換費用および合理的な法的措置を含む、生じた損害について、かかる費用が第三者から回収できない限り、責任を負うものとします。

5.7. Menlo Systemsは、当社に有利な担保の実現可能価格が担保請求額の110%を超える場合、お客様の要求に応じて担保の一部を外すものとします。この場合、Menlo Systemsは独自の裁量で、担保のどの部分を外すかを決定します。

5.8. お客様は、物理的または技術的な修正により、保持物品またはその他の物品を変更または処理することを明示的に許可されていません。明確にすると、これはお客様がMenlo Systemsと合意した他の技術的な機械および装置に、搬入された完全な保持品を設置することを妨げないものとします。

 

6. 瑕疵

6.1. お客様は、ドイツ連邦共和国の法律 (ドイツ商法377、278条)で義務付けられているように、配送された商品を検査し、その際にあらゆる点であらゆる配送を確認し、検査後直ちに書面で欠陥をMenlo Systemsに通知するものとします; 直ちにとは、通知の期限を守るのに十分な14日以内を意味します。上記にも関わらず、明らかな欠陥 (虚偽および不足を含む)は、納品後14日以内に遅くとも書面でMenlo Systemsに通知する必要があります。お客様が検査を省略したり期限内に通知が無かった場合は、保障対象から除外されます。

6.2. 納入がMenlo Systemsによって行われず、Menlo Systemsによって指示された供給者または別の請負業者によって直接行われた場合、お客様は上記の規定に従って、請負業者へ欠陥または虚偽の配達を直ちに書面で示すものとします。供給者または請負業者が知らされていないことを証明できる場合は、6.1が適用されます。

6.3. お客様は、欠陥の存在、欠陥が明らかになった時間、6.1に従って行われた通知、および商品が適切に保管されたという事実を含む保証請求の全ての要件について立証責任を負うものとします。

6.4. Menlo Systemsは、商品、ソフトウェア、およびサービスの仕様を保証します。提供される技術データおよび製品情報は、製品機能の保証または確認対象にはなりません。合意に達っしない場合、法定法に従って欠陥の存在を決定するものとします。ただし、供給者、請負業者、または第三者から提供された公開情報 (広告等) については一切責任を負いません。

6.5. お客様が6.1および6.2の義務に違反している場合、それぞれの欠陥に関する保証は除外されます。これは、Menlo Systemsによって不正に隠された欠陥、またはMenlo Systemsが製品またはサービスに関して保証を提供した場合には適用されません。

6.6. 材料、色、重量、寸法または同様の特性に関する製品の技術的許容範囲内でのわずかな逸脱は欠陥として認められず、商品の受け入れを拒否する権利は与えられません。配送は、新しい技術または科学的知識と進歩に基づいて、合理的かつ建設的な改善と修正の対象になります。Menlo Systemsは、6.5の2文目にあるように、対象となる技術の状態以上に、商品、ソフトウェア、またはサービスの保証を行いません。

6.7. 本保証は、Menlo Systemsによる事前の書面での認証が無い限り、お客様またはお客様の関連者による不適切な設置、メインテナンス、誤用、過失に起因する商品またはソフトウェアの欠陥または損傷を対象としていません。

6.8. 危険負担の移転における欠陥に関する保証- 6.1から6.7- は、初めにMenlo Systemsのオプションに従い、欠陥品の修理または交換により行われます。

6.9. 商品を交換する場合、要請に応じて欠陥商品を適切に梱包してMenlo Systemsにご返品ください。

6.10. 欠陥品の交換または修理の場合、

(a) 失敗した;

(b) Menlo Systemsによって拒否された;

(c) お客様によて設定された適切な期限にも関わらず達成されていない;または

(d) 適用法の下で期限が冗長である場合、

お客様は法的権利を利用できます。ただし重大な欠陥でない限り、契約を撤回することはできません。

6.11. お客様には、欠陥に関して可能な限り合理的な判断と補正をすることでMenlo Systemsを支援していただきます。 

6.12. Menlo Systemsは 、お客様が期限内に商品と配送の代金をお支払いいただくことを条件に、交換または修理を行うことができます。ただし、欠陥の価値に見合った金額を保持していただくこともあります。

6.13. 滞留品の代替部品は滞留品の一部となり、そのためMenlo Systemsの保有物となります。お客様は、Menlo Systemsに救済措置を講じるための合理的な時間を与え、要請に応じて適切に梱包された欠陥部品を返却していただくものとします。輸送、人件費、資材の費用はMenlo Systemsが負担します。ただし、欠損が存在しない場合、それらの費用の保証をお客様に請求することがあります。この条項の1および2文目に当てはまらないお客様の場合、補償請求は除外されます。

6.14. 欠陥の結果としての損害賠償および費用は8が適用されます。

 

7. ソフトウェアのライセンス

7.1. お客様に供与されるソフトウェアに関して、Menlo Systemsは、以下のように各ソフトウェアのライセンスを付与いたします。

7.2. ソフトウェアの定義

“ソフトウェア”は、契約で規定されている言語の補足文書を含むオブジェクトコードの契約に基づいて、Menlo Systemsが顧客に提供する全てのソフトウェア製品が含まれます。

7.3. 権利の付与、ライセンスの対象

(a) 契約で規定されている期間 (“ライセンス期間”)の間、お客様はソフトウェアを契約の目的で使用するための非独占的、譲渡不能、サブライセンス付加の権利を受け取ります。 ソフトウェアの使用には、インストールされたソフトウェアのインストール、起動、表示、実行が含まれます。

(b) お客様は、セキュリティコピーに関する適切な注釈により、ソフトウェアに関するMenlo Systemsの著作権を示すことを条件として、ソフトウェアのセキュリティーコピーを作成できます。そのようなソフトウェアまたはそのようなソフトウェアが配信されたデータキャリアのインストールが可能でない場合、そのようなセキュリティコピーの仕様は、元のソフトウェアを置き換えるために制限されるものとします。

(c) 上記(a)と(b)を超えて、お客様は、ソフトウェアと他のプログラムとの互換性を確保するため、また以下の欠陥を修正する用途に限り、ソフトウェアを複製、再加工、翻訳、リバースエンジニアリングまたは逆コンパイルすることができます。ただし、契約または合理的な条件で既存の契約上の合意が無い場合、誠意を持って交渉し、お客さんが事前に適切な通知期間でMenlo Systems通知していることを条件とします。

(d) 上記(a)と(b)を超えて、お客様はソフトウェアまたはセキュリティーコピーを第三者に複製、コピー、または利用可能にする権利を有しません。

(e) ライセンス条項の重大な違反の場合、またはライセンス条項の違反がMenlo Systemsによる書面による忠告 (ファックスで十分とする)後30日以内に解決されない場合、ソフトウェアに関連する全ての使用権を緊急に正当に取り消すことができます。この場合、お客様はソフトウェアの使用を直ちに完全に停止し、ソフトウェアおよびすべてのコピーをシステムから削除するか、Menlo Systemsからの要請に応じてそのようなコピーをMenlo Systemsに引き渡します。

(f) 契約の当事者が書面で明示的に合意した場合にのみ、インストールおよび構成サービスがMenlo Systemsによって提供されます。

7.4 ソフトウェアの保護

お客様は、使用が許可されていない第三者からソフトウェアを適切に保護します。特に、ソフトウェアのコピーを安全に保管していただくものとします。

7.5. メインテナンス、特定の保証

(a) Menlo Systemsは、ドイツの法律に従い、契約に基づいてソフトウェアの使用を保証します。特に、ソフトウェアの契約上の仕様を妨げたり制限したりする可能性のある第三者の権利が無いことを保証します。

(b) 何らかの欠陥を発見した際には直ちに書面でMenlo Systemsに通知していただくものとします (ファックスで十分です)。品質に関連する欠陥の場合、欠陥の発見時間と状況を直ちにご説明ください。

(c) ソフトウェアに関しては、本規約の6項が準用されます。

 

8. 責任の制限

8.1. Menlo Systemsは適用法に従って、Menlo Systems、その役員、法定代理人、従業員いよび補助者の重大な過失または故意の行為によって引き起こされた全ての損害に対して責任を負います。

8.2. 単純な過失の場合、Menlo Systemsは本質的な契約義務 (基本的義務、すなわち、もし実施されている場合には、契約を履行する義務およびお客様が通常の状況下で委託する、または委託するかもしれない履行)に違反した場合の損害についてのみ責任を負います。Menlo Systemsの責任は、一般的な予見可能な損害に限定されます。

8.3. 8.1および8.2の対象: Menlo Systemsは、契約前、または契約上の関係の違反を含む、契約または法的条項に基づいて生じた損害について責任を負いません。この8に基づく責任の除外/制限は、Menlo Systemsの役員、代表者、従業員、および補助者の個人的責任にも適用されます。

8.4. 前述の免責および責任制限は、生命、身体または健康の過失、強制的な製造物責任の場合、製品の機能に関する保証を含む合意された保証の場合、およびMenlo Systemsが不正に欠陥を隠蔽する場合には適用されません。

8.5. Menlo Systemsは、Menlo Systemsの過失無しに発生した損害、特に、不可抗力または第三者の違法行為 (配達された製品による刑事的またはテロの影響など)に対しては、強制的な製造物責任法の場合を除き、損害に対する一切の責任を負いません。 

8.6. お客様のデータ回復に対するMenlo Systemsの責任は、そのようなデータの取り扱いに伴う危険に応じて適切に保護及び保管されたデータを回復するために必要な量に限定されます。それ以外の場合は、合理的な努力で機会語により再構築できます。

8.7. 8.1から8.6は、遅延した費用の補償請求に対応して適用されるものとします。 

8.8. 上記の責任の制限は、Menlo Systemsの代表者、従業員および補助者の個人的な責任に関しても適用されます。

 

9. 時効

9.1. 欠陥に関する一般的な時効期間は納入後1年です。契約に基づいて当事者同士が合意した配達の場合、事項は合意した時点から始まります。

9.2. 上記の時効期間は、法的な時効期間 (ドイツ民法第195条、199条)の適用が生じる場合を除き、商品、ソフトウェアまたはサービスの欠陥に基づくお客様の損害に関する契約上の請求およびその他の請求にも適用されます。ただし、法的時効期間の適用により個々のケースでの時効期間が短くなる場合を除きます。ドイツの製造物責任法に基づく事項期間は影響を受けません。上記とは別に、法的な時効期間が適用されます。

 

10. 契約撤回の権利

10.1. Menlo Systemsが欠陥品を含まないという契約に違反した場合、お客様は、Menlo Systemsまたはその補助者による過失があった場合にのみ契約を撤回することができます。

10.2. お客様が契約を撤回する権利は、お客様の支払いの不履行中に解約の原因となる事項が発生した場合は除かれます。

10.3. Menlo Systemsは、以下の場合契約を撤回する権利を有します: (a) 破産手続き (裁判所またはその他の方法)または外国法に基づく同等の手続きがお客様の資産に対して開始された場合、(b) 破産手続きの開始の注文が行われた場合、(c) 資産不足のためにそのような手続きの開始が拒否された場合、または (d) お客様がお支払いを停止するか債権者と一時停止を締結した場合。

 

11. 産業財産権

契約上の成果、商品、およびMenlo Systemsが取引関係ないでお客様に提供する文書やその他の製品に関する全ての産業財産権、特に特許、商標、および著作権は、Menlo Systemsが財産権を有します。お客様は、商品につけられたマークおよび商品ソフトウェアとサービスを提供する際にMenlo Systemsが仕様するマークを変更しないでください。またMenlo Systemsが提供するもの以外のものも追加しないでください。

 

12. 法律の選択、司法権の場所

12.1. 各当事者は、ドイツ、ミュンヘンの裁判所の管轄権に服することに同意し、取引関係および契約から生じる紛争の専属管轄権を有します。ただし、Menlo Systemsは、Menlo Systemsの裁量で国内法または国際法に従ってお客様の組織が所属する地域の裁判所、あるいはその他の管轄裁判所に申し立てを行う権利も有します。 

12.2. 取引関係において、契約および合意事項は、国際物品売買契約に関する国際連合条約 (CISG)および法の抵触に 関するドイツの規定を除き、ドイツの法律に独占的に準拠および解釈されるものとします。ただし、5項に基づく所有権留保の前提条件と結果は、これらの条件に基づくドイツの法律の適用が法的に容認できないか無効である限り、対象品が存在する場所で適用される法律に準拠します。